おなかにいっぱいあやかしの種 あらすじ 2話|佐藤沙緒理:作品一覧

おなかにいっぱい、あやかしの種
HOME >> あらすじ >> 2話

おなかにいっぱいあやかしの種 あらすじ 2話 配信!

『おなかにいっぱい、あやかしの種 2話 < おなかが、怖いくらいキモチよくって… >』
あらすじを配信しています。

転校生に化けたリンに、≪あやかし≫たちの精液を集めることを頼まれた樹津あかる。

しかし、転校生「江月リン」の正体、昨日出会った竜の顔をした化け物だった!

「お前に協力して欲しいんだ、あやかしの精液集め!」

転校生「江月リン」に、あの犬っころと交尾してきてほしいと言われたのだ。

精液さえ手に入るなら尺八、手コキ、パイズリなんでもいいと言われるが、

生娘のあかるには、発情した犬っころがはじめてじゃ不安だろうということで、

精液の取り方なんてわからないあかるへ、直々に教えることに。

その前に、なぜ、精液必要なのか事情を説明すると、

今、日本のあやかしは急激に数を減らしているんだ

このままでは数の少ないあやかしは血を薄めるいっぽう!

というわけで、絶滅危惧種あやかしの精液保存による保護活動に乗り出したわけだ!

あかる 息はゆっくり吐け それで深く吸うんだ

こわい・・・? ああ・・・そうか

失念していた すまん 一度抜いて人の男に化けるか・・・

ちが・・・ちがう・・・の

教え・・・て リン・・・

これっなにっ? しら・・・ない・・・

こんなキモチいいの・・・

わかんない こわいぃ・・・っ

いい そのままイッてしまえ
 | HOME | あらすじ | ネタバレ | 著者について | 著者の他作品 | 感想 | 感想を投稿する | お問合せ | サイトマップ |
Copyright© おなかにいっぱい、あやかしの種 all rights reserved